代表取締役専務 小原学

ご挨拶 -ともに生きがいのある日々を-


 弊社では「共存共栄」を社是に掲げております。この言葉は、弊社の創業者である小原重助が日頃から「会社と社員は共存共栄でなくてなならない」と言っていたからであり、この精神は今でも弊社の根幹をなすものです。

 また、私自身は、小原建設の社員一人ひとりが、人生と仕事の意義を感じ、いきいきと働き、助け合い、大きな目標を達成していく、そんな集団であって欲しいと日々願い、努力を重ねております。

 我々とともに生きがいのある日々を過ごしていただける方に、ぜひご入社いただければ幸いです。


建設業の魅力 -未来へ残す ものづくり-


それは未来へ残すものづくり_001.pngそれは未来へ残すものづくり_002.png

それは未来へ残すものづくり_003.pngそれは未来へ残すものづくり_004.png


募集中の職種 -技術者・技能者を10名以内-


給与体系

技術者 月給制 ← 子育てしやすいよう若い世代に手厚い給与体系としています。

技能者 原則、月給制 ← 業界では珍しく2年ほどで日給制から月給制に切り替えてます。

昇給体系

40才までは年齢に応じた定期昇給

50才までは年齢と役職を加味した定期昇給

50才以降は役職に応じた昇給  ← 役職は大卒・高卒の区別なく実力主義です。

手当

役職手当、技能手当、住宅手当、通勤手当

家族手当 ← 子育て支援として、子ども一人につき1万円を支給しています。

賞与

社員  期末(臨時4月)、夏期(6月)、年末(12月) ← 創業以来、大きな変動なく支給し続けています。

作業員 期末(臨時4月)、夏期(8月)、年末(12月)

退職金 建退共加入(臨時以外全員)
保険 雇用保険、政府管掌健康保険、厚生年金保険(臨時以外全員)
災害補償 建設業福祉共済団
休日休暇 日曜日の他に第2・4土曜日
年末年始 5日
5月   4日
8月   4日         ※詳しくは年間予定表による。
有給休暇の取得実績  80%以上 ← 現場事務所に休暇取得表を掲示し、計画的な休暇取得をすすめています。

求める人財 -自立した技術者・技能者を-


昨今の就職傾向は安定志向と言われますが、大企業に就職するだけが安定ではありません。どこでも通用する技術を身に付ければ、会社に頼ることなく、自立した人生を歩むことができます

icon_5p_96.png土木技術者

土木工事は公共工事が大半を占め、当社ではその中でも国土交通省発注の工事比率が県内トップクラスです。国土交通省の工事は、県や市と比較し求められる技術レベルが高いと言われ、弊社ではそれに応えるべくIT技術を積極的に取り入れています。

ともに、岩手の土木建設の「一歩先にいる」と言われるような技術者を目指しましょう!

icon_6m_96.png

建築技術者

建築工事は民間建築が大半を占め、当社ではその中でもシステム建築工法の施工実績が県内トップクラスです。システム建築工法は工場や倉庫の建設を「早く、安く、高品質」に設計・施工する工法で、今後数年で業界標準工法になるだろうと言われています。

ともに、岩手の工場・倉庫建設の「業界標準を変えた」と言われるような技術者を目指しましょう!

 

icon_3g_96.png土木建築技能者 

弊社では業務責任の明確化のため、管理部門と施工部門を分割し、施工部門は子会社の「株式会社丸重」にて行っております。しかしながら、福利厚生などの待遇はほぼ同じであり、小原建設と丸重との人事異動もあります。丸重は小原建設を支える無くてはならない施工会社です。

ともに、岩手の施工会社の中で「安心して任せられる」と言われるような技能者を目指しましょう!


資格取得 -取れるまでとことん支援-


弊社の入社後10年以上の工務部土木課職員の1級土木施工管理技士資格の取得率は100%(2016年現在)です。

資格取得のための講習会に対しては、誰でも、何度でも、講習会費用を補助して、とことん支援しています。

実際、子会社の㈱丸重の職員の中にも、5度目の挑戦でやっと1級資格を取得した者もいます。

何度でも支援する理由は、本人にやる気があっても、現場や家庭の都合で勉強時間を割けないこともありうるからです。反対に、「何度落ちても絶対に資格取得を諦めさせない」という温かくも厳しい社風があります。


主な出身校 -2016年3月現在-


大学

 東北工業大学  4名

 日本大学    3名

 東北学院大学  3名

 秋田大学    2名

 専修大学    2名

 東北大学    1名

 山形大学    1名

 八戸工業大学  1名

 金沢工業大学  1名

 岩手大学    1名

 盛岡大学    1名

 北里大学    1名


短期大学

 専修大学北海道短期大学 3名

 産業技術短大      3名

 中央工学校       1名


 専門学校

 東北電子専門学校     1名

 東北工科情報専門学校   1名

 仙台デジタルテクノ専門学校 1名

 盛岡専修職業訓練校    1名

 仙台経理専門学校     1名


 高等学校

 黒沢尻工業高校     19名

 花巻農業高校      11名

 専修大学北上高校    9名

 岩谷堂高校       2名

 花巻南高校       2名

 北上翔南高校      2名

 黒沢尻北高校      2名

 花巻北高校       1名

 盛岡工業高校      1名

 水沢工業高校      1名

 水沢農業高校      1名

 花巻東高校       1名

 藤沢高校        1名

 遠野高校        1名

 (青森)五所川原農林高校 1名

 (秋田)五城目高校    1名


社内報の紹介 -会社の実態がまるわかり(^_^;)-



社内の様子 -何でも言いやすい社風です(^o^)-


弊社では「共存共栄」を社是に、「全従業員の物心両面の幸せの追求」を経営理念に掲げております。

これを受けて、弊社ではトップダウンではなく、何でも言いやすい社風づくりを心がけています。この社風は社内の安全や改善においても必要不可欠な社風であります。

また、社員に飲み会や旅行の参加の無理強いはしませんもちろん、せっかくの懇親の場ですから参加して欲しいですが、まずは本人が「参加したい」と思えるような雰囲気作りが大切と考えています。

弊社の社員は、全般的に言えば、東北人らしい、実直な人が多い傾向があります。


福利厚生 -家族も無料の社員旅行-


弊社では「共存共栄」を社是に、「全従業員の物心両面の幸せの追求」を経営理念に掲げております。

これを受けて、毎年の国内旅行10年毎の海外旅行を企画しており、これまでハワイ、韓国、グアム、台湾、沖縄、京都、大阪ユニバーサル・スタジオ、仙台楽天球場、北海道などを訪問しています。

この海外旅行では、社員の旅行費用負担はもちろんのこと、奥さんやお子さんの同伴も推奨し、その旅行費用も負担しております。

これは、弊社で働く社員の家族、特にもお子様に、海外旅行という滅多にない経験を一生の思い出にして欲しいとの思いから実施しているものです。