付属品(オプション)
Yess建築には、お施主様のニーズに応える豊富なアクセサリーが用意されています。以下にこれらのオプションと、当社としての見解を述べております。

①庇
 シャッター上には必須ですが、あまり大きいと高くつきます。鉄骨現し大庇の幅4m×出3mぐらいが最適です。

マンドア用ユニット庇 小庇 DX 化粧庇 鉄骨現わし大庇 折板吊庇
 op1-1.jpg  op1-2.jpg  op1-3.jpg  op1-4.jpg  op1-5.jpg

 

②ベンチレーター・明り採り(屋根部)
 電動ベンチレータは高いので、換気量が大きいなどの特別な場合を除き、外壁設置型の換気扇をお勧めしています。

 明り採りは、雪国では積雪に耐えるため高価なタイプしか設置できません。さらに、明り採りの建具と外壁の間はシーリング材で隙間を埋めるわけですが、これは10年程度で劣化するため、雨漏りの原因となります。特に、雪国では冬期は雪のため明り採りの効果が薄く、むやみと採用するのはお勧めできません。

電動ベンチレーター 電動ベンチレーター 明り採り
 op2-1.jpg  op2-2.jpg  op2-3.jpg

 

③シャッター
 yess建築では、シャッターは驚くほど安く設置できます。多分、千葉工場での一括購入の強みと思います。反面、ハンガードアやオーバースライダーは電動シャッターほどの割安感はありません。電動シャッターの不便なのは開閉に時間がかかる所で、それを嫌ってハンガードアやオーバースライダーを希望されるお施主様もいますが、雪国の場合、吹雪の際の吹き込みがシャッターより多いようです。

 普段、倉庫であれば電動シャッターで幅4m×高さ4mのものをお勧めしています。

ハンガードア 各種シャッター シートシャッター オーバースライダー
 op3-1.jpg  op3-2.jpg  op3-3.jpg op3-4.jpg

  

④アルミ建具

アルミ建具も市場価格よりも格安で設置できます。最近は商品管理が厳格になったせいか、窓はいらないお施主様も多いです。その場合でも、建築基準法により排煙用の最低限の窓を設ける必要があります。(無窓階という建築物も可能だが、排煙設備が別途必要) 

排煙外倒しサッシ 引き違いサッシ 段窓付サッシ ガラリ
 op4-1.jpg  op4-2.jpg  op4-3.jpg op4-4.jpg

 

⑤アルミドア・フロントサッシ

 マンドアは格安なので、シャッター脇には必ず設置することをお薦めします。前述の電動シャッターの開閉の遅さをマンドアからの出入りでカバーできます。玄関フロントサッシは正直、高いです。見栄えにこだわらなければ、引き違いのアルミドアに変えることも一考です。

マンドア 玄関フロントサッシ 引き違いアルミドア
 op5-1.jpg  op5-2.jpg  op5-3.jpg

 

⑥バーチカルサッシ・クレーン

 バーチカルサッシは見栄えだけでなく日の光が1日中入りやすいメリットが有ります。ただし、中で作業している人にとっては、眩しかったり暑かったりして案外不評のようです。

 天井走行クレーンについては注意が必要です。5t以上になると資格が必要な上、鉄骨の構造上も価格に大きく影響してきます。建物の大きさに関しては「余裕目に」とアドバイスしますが、クレーン荷重に関しては「最低限に」と言っています。特に雪国では、クレーン荷重に積雪荷重を合算して耐震の構造計算をするため、クレーンがあるとないとでは価格が大きく違ってくるからです。

バーチカルサッシ 天井走行クレーン(1.0t 〜20.0t 程度)
op6-1.jpg op6-2.jpg